ファームもりわき 目指せ百姓農家

会議の日の料理



     暇だったので

   毎月、第2火曜日はあ。ぐり~んの会議の日です。
   大体は各自1品持ち寄りの料理で夕食を済ませ会議をします。
   会議と言っても、堅苦しいものではなく 情報交換、栽培状況などです。
   
   火曜日は朝から雨で出荷作業が終わったら外での農作業はできないので
   昼から料理作り。
   その日は中国新聞の取材もあり、多分、人数も多いいと思い 
   いつもは主食、汁物、おかずの3品ですが、
   暇に任せて6品も作ってしまいました。
   殆ど材料費はかかっておらず、自給率も高いです。

   
IMG_1397.jpg

     野菜サラダ

   サラダの大盛りはファーム森脇の定番。
   最近、野菜がたくさん収穫できるようになり
   使った野菜、レタス3種類、赤からし菜、赤くき水菜、ガーデンクレソン、
   アグレッティー、きゅうり、カブ、セロリの10種類。
   ゴマとチリメン、ポテトチップスを振りかけて食べてもよし、
   ドレッシングをかけてもよしです。


IMG_1398.jpg

     山菜ずし

   残念なことに一番大切な主食のコメは購入です。
   農家なのに米購入とは何んということでしょう!
   三年前を最後に田圃でコメ作りをしなくなりました。
   今は田圃はすべて野菜です。

   そろそろイノシシもタケノコが飽きたころかな?と思いタケノコ掘りに。
   ここでも、何んということでしょう!
   去年よりひどい状態。
   畑ができるくらいに掘り起こされてタケノコ掘りにはなりませんでした。
   かろうじて通路に痩せたタケノコが一本。
   これを掘って寿司の材料に。
   後はふき、わらび、シイタケ、絹さや、卵。


IMG_1399.jpg

     カブと大根のサラダ、豆腐のシーチキンのせ

   カブはサラダカブ、赤カブ、あやめ雪、大根のボラキング、紅くるり。
   これは食感と味の食べ比べ。
   味付けはありません。

   豆腐の料理は今回チャイブの花を使いたくて一番色が映える料理は
   これかな?と思いました。
   シーチキンにマヨネーズを混ぜてチャイブの花を一輪ずつにに分け
   少量のレモンを混ぜて出来上がり。
   最後にシーチキンの上などにチャイブの花と葉っぱを散らします。
   

IMG_1400.jpg

     鶏の肉団子のケチャップ和え

   これには自家野菜が玉ねぎしか入っていませんが
   鶏のむね肉と軟骨を入れて肉団子にしました。
   これが大好きなんです。

   このほかに写真を撮り忘れましたがズッキーニ黄色と緑
   茎ニンニク、玉ねぎ、コールラビ、セロリをいれたトマトなしのラタツゥーユもどき。
   まだトマトができていませんがドライトマトがあったのだぁー!

   他各自一品持ち寄りで結構賑やかな夕食会になりました。
   じゃなくて、会議になりました。

2016/05/12(木) 01:38:20 料理 トラックバック:0 コメント:0

おやき作りました



     おやき作っちゃいました

   今日は毎月定例、あ。ぐりーんの会議でした。
   最近は1品持ち寄りの 夕食を食べて会議。
   前もってメニューの報告があります。
   今回は、ケールのクミン炒め、ポテトサラダ、なばなの自家製味噌雑炊
   畑野菜のスムージーということでした。
   すごいご馳走でしょ?
   まるで食事会みたいです。
   それで、我が家はおやきと恒例の生野菜サラダにすることに。

   勿論、会議もしましたよ。
   お腹も一杯になり充実した会議になりましたよ。


IMG_1177.jpg

     おやきの具

   セロリとおかかの炒めたもの。
   ハウスの中でセロリが育ってますから、それを収穫して茎から葉っぱまで利用。
   油で炒めて醤油と味醂で味付け。

     
IMG_1175.jpg

     おやきの具 その2

   紅菜苔としいたけの炒め物
   勿論自家製ですよ。
   紅菜苔は炒めると色が変わって炒めた後の色はちょっと汚いのですが
   味は抜群。
   癖もなく食べやすい野菜です。
   

IMG_1179.jpg

     生地に包んで

   生地は簡単に自己流です。
   薄力粉と強力粉を混ぜて作ります。
   こねたあとはしばらく寝かせて具を包みます。
   具を詰めたらフライパンで焼いて出来上がり~!

2016/03/09(水) 05:37:10 料理 トラックバック:0 コメント:0

寒くて仕事が進みません

     
IMG_1100.jpg

     パン作り

   最近の寒さは農作業が進みません。
   今朝も庭の水たまりには氷が張り寒~い朝の始まり。
   農園には8時半の余裕の出勤。
   着いてもすぐには作業する気にはならず久しぶりにパンでも作ろうかな?
   思いついたらすぐ行動。
   前からビーツのパンが作りたかったので、今日はこれにしよう!
   材料は全部揃っているし直ぐに開始。
   いつも手助けしてくれる餅つき機に材料投入。
   コネコネ上手。

   
IMG_1101.jpg

     ビーツの用意

   冷凍庫で眠っているビーツを取り出して解凍。


IMG_1103.jpg

     ビーツ投入

   こね終わったパンの生地を分割してビーツを投入。
   ここで残念なことが・・・。
   生地が少なすぎて上手くビーツが混ざりませんでした。
   仕方がないので手で捏ねることになりました。


IMG_1104.jpg

     発酵前


IMG_1105.jpg

     発酵後


IMG_1106.jpg

     分割


IMG_1107.jpg

     は~い、出来上がり~!

   ビーツは火を当てる前と当てた後では色が薄くなるようです。
   生地の上の方が熱が強く当たるので色が薄く
   鉄板にあたっている所が濃いいみたいです。
   以前、餅をついた時には色が濃く綺麗なピンクの餅でした。
   それは直接火を当てなかったからです。
   だから発酵の時までは綺麗なピンクだったでしょ?

2016/02/26(金) 23:33:15 料理 トラックバック:0 コメント:0

新年会しました



     気分も新たに

   若い人たちと農業グループ“あ。ぐり~ん”を立ち上げて1年。
   それぞれ、栽培するものは違うけど
   農薬や化学肥料を使用しない安全で安心して食べられる米や野菜をつくる。
   こんな思いで一年経ちました。
   まだまだ、農業だけでは食べていけません。
   今年は作付けを増やして収益を増やそう!
   そんな話をしながら新年会。
   
    
   一人一品持参。
   てみちゃんは昨日届いたタコを使った料理をしました。


IMG_1015.jpg

     蛸のガーリック炒めわさびマヨネーズあえ

   タコの周りには赤大根紅くるりと紫大根ボラキングの輪切り。
   タコの上にはクレイトニアを飾っています。


IMG_1016.jpg

     タコのカルパッチョ

   ドライトマトを戻したものとフェンネル、タコをオリーブオイル、塩コショウ
   酢、砂糖、酒の煮切りで合わせたドレッシングで和えました。
   周りにはルッコラを飾ってます。


IMG_1017.jpg

     タコ飯


IMG_1013.jpg

     イチゴのケーキ

   今日は会の一人が結婚したので気持ちケーキを作りました。
   でも彼女は仕事でしたのでお持ち帰り。
   いつまでも仲良くね。

2016/01/26(火) 23:35:06 料理 トラックバック:0 コメント:0

トマトのオイル漬け作ろうっと



     冷凍ドライトマト

   夏にたくさんできた調理用トマトボルゲーゼ。
   あまり販売出来なかったのでたくさんドライトマトを作って冷凍庫の中。
   消費するにはオイル漬けにしてパスタや酒のつまみに。
   
     
IMG_0876.jpg

     熱湯を注いで

   鍋にお湯を沸かして沸騰したらトマトの入ったボウルに注ぎいれる。
   そのまま15分。


IMG_0877.jpg

     ざるに挙げて

   水切りをする。
   トマトを付けた汁はパスタに使ってもいいしスープにもいいです。
   勿体ないので捨てないでね。
   トマトの味がしますよ。


IMG_0878.jpg

     ビンに詰める

   トマトの水けをキッチンペーパーでふき取る。
   ビンにトマトを並べ入れる。
   その上ににんにく、粒コショウ、オレガノ(バジルがあればバジルで)
   酢漬けにしたハラペーニョ少々を入れる。
   この作業をビンに合わせて何段か繰り返す。


IMG_0879.jpg

     オリーブオイルを注ぎいれる

   トマトひたひたにオイルを入れる。


IMG_0880.jpg

     ふたをする前に

   トマトが浮くことと、空気が当たらないようにすることでラップで抑える。
   蓋をして完成です。
   冷蔵庫に入れるとオリーブオイルが固まるので室温で冷暗所に。
   3日ぐらいから食べれます。
   ワインにぴったりです。

2015/12/29(火) 02:49:48 料理 トラックバック:0 コメント:0
前のページ 次のページ