ファームもりわき 目指せ百姓農家

昨日に続き冬支度

     
IMG_7874.jpg

     今日は最低気温

   今日1日寒かったこと。
   そんな日はハウスの中か小屋の中での作業です。
   昨日に続き、ハーブを作業小屋に移動。
   狭い小屋は避難した鉢で一杯。
   足の踏み場所がない位です。
   明日は棚に収納できるものは棚に上げ片づけなくっちゃ!
   勿論、レモングラスもあります。
   それから、レモンバーベナ、レモンユーカリ、カレープランツ、
   こぶみかん、ステビアなど。
   こぶみかんはビニールハウスでも越冬できると思うのですが、
   用心の為にストーブを焚く小屋に避難させます。

     
IMG_7876.jpg

     ラベンダー

   春に刺し芽をしたラベンダーやレモンユーカリ。
   レモンユーカリは寒さに弱いみたいだけど、
   ラベンダーはこの冬に地植えにします。
   このラベンダー春からず~っと咲いています。
   色も紫が濃くて気に入っています。


IMG_7871.jpg

     巻きはじめたチコリ

   赤い色が付きはじめ、巻きはじめたのでそろそろ軟白しようかな?
   今まではそのままにしていたけど、今年は白菜の様に
   紐で葉っぱをくくります。初めての試みです。
   そうすることで赤くない緑の所が白っぽくなり
   赤と白が綺麗に出ます。
   もう少し大きく巻いた状態で軟白処理した方がいいのか、
   初めてなので分かりませんが、やってみます。
   勿論、紐は秋に収穫した稲わらです。


IMG_7872.jpg

     チコリ4種

   この狭い場所に4種のチコリ。
   シュガーロールはもう収穫はじめました。
   ひもで結んだのはエジェナ(?)と呼んでますが、
   イタリア語はよく分からないので英語読みです。
   他はカステロフランコ、トレビーゾ。
   チコリは色や形が沢山あって栽培するには面白いですよ。
   でも、チコリの特徴は苦味。
   すごーく苦いか、まあまあか、好き好きですが
   サラダに入れるとその苦味もアクセントになります。


IMG_7877.jpg

     セルフィーユ

   9月に種まきしたセルフィーユ。
   セルフィーユの栽培法を資料で見ると大抵のものには、
   直まきで間引きながら育てる。
   移植は殆んど不可でポット植えしたものは鉢から出すときには
   土を崩さない様にとある。
   でも、我が家は一カ所に種まきして土が落ちた状態で植え替えをしているが
   何ら問題はない。
   フェンネルやディルもそうだ。
   あまりマニュアルに左右されず、自分に合った栽培をすればいいと思う。


IMG_7873.jpg

     種ショウガ

   春に植えたショウガの種。
   秋に掘った状態でも、春に植えた時と殆んど変わらない状態。
   捨てるのは勿体無いし、食べるのは薬剤処理がしてあるので嫌だし。
   何かこれを上手く使う方法は無い物か?
   考えた末に今年収穫したショウガと一緒に春まで暖かい所に保管して
   上手く冬を乗り越えたら、来年の春もう1度種しょうがになるのかなぁ?と
   捕らぬ狸の皮算用を考えています。
   どうなることやら、楽しみです。


スポンサーサイト
2014/11/13(木) 18:41:15 ハーブ トラックバック:0 コメント:0
<<寒さが増してきました | ホーム | 急いで冬支度を>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/922-a55f3f24