ファームもりわき 目指せ百姓農家

大豆の種まき



     大豆

   小麦の後の田んぼに大豆の種まき。
   去年、収穫した大豆で味噌作りの残り。
   2キロあったのでこれ位あれば一反は間に合うかなぁと思っていたが
   結構、いるものですね。
   一か所に二粒づつ。
   10cmおき位に撒いていくので予想以上に種がいる。
   今までは、大豆の種まきは鍬を使ってがんぎを切り、
   種を蒔き、覆土して種まきの間隔は自由だったが
   今年は、大豆の種まき用のごんべぇさん。
   ごんべぇさんの思う通り。
   我が家のごんべぇさんは大豆用のベルトを買っていない。
   このベルトは5000円もする。
   付属品もあるけど、結構高い。
   (因みに、トウモロコシ用もこの値段)
   だから、今年は知り合いから借りました。


IMG_6171.jpg

     種蒔き大変でした

   大きな大豆農家はトラクターに大豆専用の付属品を取り付けて
   一回に4条ぐらい植えていくんですけど、
   ごんべぇさんを押して一列づつ進んでいく。
   行ったり来たり、ただそれのみ。
   土が綺麗に耕運されていないと力が要り、疲れも相当。
   この作業よっちゃん一人で頑張りました。
   二枚の田んぼの種まきでもう、へとへと。
   今日の作業はこれで終了。


IMG_6174.jpg

     トマティロ

   よっちゃんが種まきの間 てみちゃんは草とり。
   草取りと云っても草を取る様な大きさの草ではない。
   野菜と同じくらいに育っている草、鎌で草刈り。
   野菜を刈らない様に気を付けながらの作業。
   ブヨにかまれながら朝露に濡れながら一時間。
   草の中でトマティロが収穫の時期を迎えていました。
   今年初めての栽培。
   食用ホウズキのようでトマトのようで色は現在は緑だけど
   収穫して置いておくと青紫のようになる予定。
   でも、写真では随分だまされたのでこの緑の状態で料理します。


IMG_6175.jpg

     サルサソースに

   本場メキシコではこのトマティロでサルサソースを作るようである。
   日本ではトマティロを作る人があまりいないのでトマトで代用。
   近いうちにメキシコ料理のお店に持って行こう!!
   先日、話だけはしていたので一回使ってもらって
   感想を聞いて、今後の参考にしたい。


スポンサーサイト
2013/07/18(木) 20:03:24 農業 トラックバック:0 コメント:0
<<落日 | ホーム | インゲンは美味しいの?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/630-bb9bc9bb