ファームもりわき 目指せ百姓農家

インゲンは美味しいの?


 
     カメムシ

   今回のインゲンは最悪。
   折角、支柱をしてネットを張り収穫OKの状態にしたのに。
   花が咲いて小さい実が付いたとたんにカメムシがその実の養分を吸っている。
   先日、カメムシ退治にと思いストチュウ(酢、トウガラシ、焼酎、ニンニク)を薄めて
   インゲンに振りかけた。
   かけた自分はトウガラシのエキスでくしゃみが出そうだった。
   人間には効いたのにカメムシには大したことなかったのかな?
   撒いた数時間後にはカメムシがインゲンに付いていた。
   「エッ?」「ストチュウ効かないの?」
   「インゲンに付いたニンニクの匂いや酢のにおいは臭くないの?」
   カメムシが付いたインゲンはデコボコになって食べられなくなる。
   こうなったら株元から切ってしまうよりほかに手がない。
   カメムシは色々な野菜に付いて被害を与えるどうしようもない害虫である。
   カメムシの存在価値は何処にあるんだろう?

   ボケたカメムシの画ですみません。
   老眼で近くの写真を撮るとこんなになる事がシバシバ。

スポンサーサイト
2013/07/18(木) 00:03:06 害虫 トラックバック:0 コメント:0
<<大豆の種まき | ホーム | キュウリ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/629-5ce80fd7