ファームもりわき 目指せ百姓農家

敵は手強し



     害虫駆除

   昨日はよっちゃんと息子でライスセンターにもみ殻を貰いに3往復。
   それを畑に2車。燻炭作りに1車。
   去年は白菜や大根などのアブラナ科の野菜は害虫にやられて散々。
   その中の1種類が何十匹も集団で固まって生きていたんです。
   そこで、先日柿の木の下にもみ殻を播いてヘタ虫退治(?)をした要領で
   畑で越冬している害虫を駆除。
   畑にもみ殻を播いて火を付けて1晩。
   今朝、畑に行くともみ殻がいい感じに焼けていた。
   

IMG_5442.jpg

     敵は手強し

   こんなに火が回ったら畑の害虫も退治できただろうと
   燻炭を掘り上げて白菜の葉っぱの下を除くと
   なんと!まだ虫が生きているんです。
   少し早目に燻炭を消し過ぎたのか?
   野菜の葉っぱをきちんと取ってもみ殻に火を付けないといけなかったのか?
   でも全部火が消えているわけではないのでまだ大丈夫。
   と思っていたら、雨が大降り。
   きれいに鎮火。
   あの虫たちはどうなったのでしょうか?


   
スポンサーサイト
2013/01/21(月) 19:58:05 農業 トラックバック:0 コメント:0
<<冬越し | ホーム | 毎日寒いこと>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/512-dcc74454