ファームもりわき 目指せ百姓農家

キクラゲがニカワタケに



     ハナビラニカワタケ

   3月に植菌したアラゲキクラゲのほだ木。
   上手くいけば今年の夏にはキクラゲが生えてくるはずだった。
   実は生えたのだが晴天が続き、小さいうちに乾燥キクラゲになってしまい
   それから生えてこなかった。
   それが今日ほだ木を見ると下の方に何か生えている。
   近寄ってみるとなんとハナビラニカワタケ。
   山で枯れ枝にこのキノコが生えているのは見たことがあるが
   まさかこんな形でこのキノコを見るとは・・・。
   

IMG_5088.jpg

     からし酢味噌で

   このキノコはサッと熱湯にくぐらせて水に浸けてさまし
   からし酢味噌で食べるのが一番美味しい。
   コリコリとした食感が何とも言えない。
   キクラゲほどの歯ごたえはないが、ツルッと喉を通る感覚は
   一度食べてみないと分からないだろーなぁ?
   多分、ニカワタケの菌がこの木についていたらずっと生えるだろう。
   一本から二種類のキノコが生えてくるなんて一挙両得だ。
   何だか得した感じ。


   
IMG_5091.jpg

     黒柿

   まるでカビで汚れたような柿。
   見た感じ何だか汚くて不味そうに見える。
   良―く拭いても色は黒。
   緑から黒に変色。
   柿特有の色にはなりません。
   でもこの柿甘柿。
   色に似あわず美味しいんです。
   こんな色だからカラスも見えないんでしょうね。
   隣に植えている柿は、カラスに狙われて人間より先に熟れたものから食べられるが
   この柿はカラスに食べられたことがない。
   こんな柿があってもいいんじゃない?

スポンサーサイト
2012/10/23(火) 20:12:25 きのこ トラックバック:0 コメント:0
<<芋ほり日和 | ホーム | 借りた畑の野菜は元気>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/450-b50e9545