ファームもりわき 目指せ百姓農家

畑にキノコが



     これって食べれるキノコ?

   以前、炭素循環農法で畑にバーク(木くず)を入れるだけで
   虫も付かないし、土も3メートルは棒が刺さるほど柔らかくなる。
   きのこが生えてくるといい土になっている。と云う事で、
   暫らく、畑にバークを入れていた。
   それでキノコが生えるようになった。
   ブルーベリーの根元に畑しめじが生えたことがある。
   そのキノコは食べることが出来るのだが、
   このキノコは見た目はマッシュルームのようだが、
   どうも傘の部分が違うように見えるのでこれは食べない事にする。
   でも、その農法からすればいい土になっているかも?


IMG_4875.jpg

     キノコ大、中、小

   食べれるといいんだけどね。
   もしかしたらとても美味しいキノコだったりして、
   キノコに詳しい人に、
   「えっ、食べないで捨てたの?惜しかったぁ!」って、言われたりして。
   一寸でも、食べたほうが良かったのかな?
   まあ、救急車で運ばれるようになったら恥ずかしいので止めときます。


スポンサーサイト
2012/09/12(水) 18:59:27 きのこ トラックバック:0 コメント:0
<<秋野菜の定植 | ホーム | 畑 を借りました>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/411-cb627638