ファームもりわき 目指せ百姓農家

昔は人糞てとこかな?

溝にたっぷりと水を

     
     一昔前なら人糞かな?

   ハウスに種まきの用意が出来たのでがんぎを切って溝を作り
   そこに大量の水。
   きゅうりを作ってその後、3か月ぐらい何も作っていなかったので
   乾きすぎてなかなか水が浸みこまない。
   水をまきながら、ふと子供の頃の光景を思い出した。
   こんな感じで溝を作り肥壷から糞尿をてんびんに入れておじいちゃんが運ぶ。
   あたり一面田舎の香水の匂い。
   (食事中ならごめんなさい。)
    肥担ぎはおじいちゃんの仕事。
   上手く歩かないとポチャポチャと揺れ、波打ってこぼれる。
   でも、おじいちゃんは上手だったなぁ。
   まるで昔、加藤茶がテレビの番組でしていたように。
   今のように化学肥料があるわけでもないし、あるものは牛の堆肥、鶏糞、人糞。
   鶏も数羽、縁側の床下に飼っていたが、皆が鶏や牛を飼ってはいなかった。
   だから人糞は非常に貴重な肥料だった。
   江戸時代はわざわざお金を出して買っていたんだからねぇ。
   それが一昔前ではありませんでした。
   先日、近所で畑にこれをやられました。
   一週間経ってもまだ匂います。くっさー!!!!
   洗濯物まで匂いが付きそう。
   やっぱりきんじょめいわくですよね。
   もりわき農園は人糞は使いません!!!!!!
   

     
スポンサーサイト
2011/10/26(水) 15:56:49 農業 トラックバック:0 コメント:0
<<こんにゃく作りました | ホーム | 畑に堆肥を>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/183-3f659f22