ファームもりわき 目指せ百姓農家

すずめの涙

畑
いんげんはちっとも喜んでいません
毎日、毎日、雨雲が空に出ているのに畑の上には
ちっともかかりません。
家のある場所には降っているのに。
天気予報では雨が降ると出ているので
畑に種を蒔いて水は撒くものの、雨を期待して
少ししか撒かなかったら散々。
今日も朝から曇り気味。
今までのことがあるので、たっぷりと水を撒いたら
雨がポタポタ。
「よーし、きたぞー。」と喜んでいたら、
あっという間に終了。
いんげんの畝を見たら株もとはちっともぬれていません。
本当にすずめの涙でした。

すずめの涙
焼け石に水
畑には少々の雨では土の中に滲み込みません。
ちょっと鍬で掘り返すと乾いた土が出てきます。
種まきにはもう少したくさんの雨がほしい~~~~。

古道具屋さんの鍬
たくさんの鍬
豆の木の会員で、今回畑をくんちゃんから借りた「なかむらくん」。
まだ、農具というものを持っていません。
移植ゴテで用を済ましているみたい。
それでは作業は進みません。
そこで豆の木のおばさん二人がお節介。
古道具屋さん回りをして平鍬とマタ鍬とスコップ。
たちまち、これで足りるでしょう。
沢山の鍬があるのですが、思うような物が無くって・・・。


帯に短したすきに長し
帯に短したすきに長し
古道具屋さんにある物はなかなか、これと言うものが無くて。
柄が短かったり、角度が鋭角すぎたり、
本当によく使ったんでしょう、先が丸くなっていたり
それでもその中から二本、選びました。
合計1000円なり。
野菜が出来るようになって、お金が入ってくるようになったら
自分の気に入った鍬を買ってね。
それまでは我慢、我慢。
スポンサーサイト
2011/08/19(金) 15:57:48 自然 トラックバック:0 コメント:0
<<雨が降る前に | ホーム | 心臓 バクバク>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://farmmoriwaki.blog87.fc2.com/tb.php/123-77fdf7b2