ファームもりわき 目指せ百姓農家

土の中で何が?

ごぼう

     2、3,4,5またのゴボウ

   秋口に植えたゴボウ。
   今日初めて掘り上げた。
   掘っても、掘っても股になったゴボウばかり。
   こんなことは今までなかった。
   石があるわけでもないし、肥料があたったわけでもないのに
   これ程の股ゴボウは初めて。
   発芽はよかった。
   でも、本葉が出てから何度もモグラに地中を歩き回られ
   折角大きくなろうとしたゴボウが枯れたり、しなびたりした。
   気が付いた時にはモグラが通って盛り上げた土を踏んだ。
   原因と考えられるのは、これで根が股になったんだと思う。
   何とか収穫にまでたどり着いたが、これでは商品にはならない。
   使える物を何とか用意したが、本当に残念です。
   今年は異常にモグラが多いかった。


秋じゃが

     綺麗なじゃがいも

   秋じゃがのアンデスレッド。
   色が春のものよりだんぜんいい。
   なかなか芽が出なかったので大きなものが少ない。
   又、秋じゃがは芋の付き方が半分ぐらいしかないのが欠点。
   でも、春に掘ったじゃがいもに芽が出るころに収穫できるのは
   有難い存在です。
   他に出島という種類もありますが、赤いのがインパクトがあって良いでしょ?


干し大根作り

     干し大根に

   あまり干すものは作りたくないのですが
   沢山大根が出来たので多分このままだと畑で腐らすだけなので
   干してみました。
   干し柿の事があるので又、カビが付くのでは?とトラウマになっています。
   すごくざっくりと切っていますが、丁寧に切って時間をかけても
   カビがはえたら時間の無駄だと思い大雑把に。
   どうなったかは、経過報告します。


スポンサーサイト
2011/12/28(水) 22:53:20 野菜 トラックバック:0 コメント:0

今、ハマっていること

出来上がった帽子とマフラー

     冬の楽しみ

   冬の間は農作業が少し暇になるので自由な時間が取れる。
   今年は豆の木のメンバーで糸紡ぎと編み物をしている人に
   教えを乞いながら自分の帽子とマフラー。
   いつの間にか、よっちゃんの物や娘の物まで。
   

原毛

     羊の毛から

   まずは羊の毛をほぐしてごみを取り、カーダーをかけやすくする。
  
 
カーディング

     カーディングする

   原毛をほぐしたものをカーディングする。
   これは毛の繊維を同じ方向にして紡ぎやすくするためです。


カーディングして丸めた原毛

     カーディングして丸めて棒にする


糸紡ぎ機

     糸紡ぎ機で

   今までしていた糸紡ぎは機織り用の紡ぎ方で
   編物ようの糸紡ぎとは違うようで、なかなか思うようにはいかない。
   後は数やって慣れなくては。


糸の出来上がり

     糸の出来上がり

   なかなか、同じ太さで紡げない。
   でも編んでいくには太い細いがあるのが面白い。


2011/12/25(日) 20:15:09 編み物 トラックバック:0 コメント:0

まだまだ、これぐらいはへの河童

雪帽子

     野菜の雪帽子

   朝起きるとビックリするぐらいの大雪。と思ったら
   な~~んだ。これだけ?
   沢山積もっても大変だけど、一応心の準備をしていたんだから。
   肩すかしってとこかな?
   畑に行くと銀世界。
   白菜なんかは帽子をかぶったようになっていた。
   絵本に出てくるような世界が広がっていました。


チコリを稲わらで

     チコリの軟白処理

   昨日は新聞に包んだチコリが苦みも少なく美味しかったので
   畑のチコリは苦みをなくすために稲わらでほとりを結んで寒冷紗をかけた。
   初めてのチコリの栽培なので試行錯誤。
   光を遮断すると新聞に包んだと同じかな?と思っているんだけど
   どうなることやら。
   雪をかきのけるのは手が冷たかったで~~す。


チコリもフェンネルも

     野菜の配達

   以前、テレビの番組でイタリア野菜のフェンネルの料理をしていて
   友達がそれを見ていて「もりわき農園にフェンネル植えてたよね?」
   「煮込み料理にするとジャガイモのようにホクホクするんだって」
   と言っていたので、
   今日はフェンネルとチコリとルッコラとその他色々と持って行きました。
   二人で野菜を千切ってはそのまま食べて味の品評会。
   フェンネルの葉っぱも甘みと独特の香りがあり
   「癖になりそう。」と気に入ったみたい。
   チコリも今夜のサラダにするそうだ。
   これで又変わった野菜のファンが一人増えたぞ~~。やったぁ!


    2011/12/24(土) 21:12:31 自然 トラックバック:0 コメント:0

どっちが美味しいの?

新聞を開けて

     新聞を広げてビックリ

   先月29日に畑のチコリを収穫して苦みを抑えるために軟白処理のため
   新聞に包んで段ボールに入れておいたチコリを取り出して開けた。
   本当は3週間ぐらいでいいんだけど少し長め。
   開けてビックリ。外側の葉っぱがくされてる~~~。
   

色もいろいろ

     まあ 何とか。

   ほとりの腐れた葉っぱや器量の悪いものを取ってみると
   色はいろいろ。
   後は味。苦みは少しだけ残っているが食べれる。
   今夜はみんなでサラダにして食べてみよう。


いい方かな?

     これはいい色だ―!

   4個の中で一番いい色。
   ワインレッドのまさしくチコリって感じ。
   まだほとりの汚い葉っぱを取ってないけど、
   大きさ、色、茎から葉っぱまでの長さ、あじ。
   これはまあまあかな?


畑のチコリ

     畑のチコリ

   全部収穫して段ボールに入れていなかったので
   畑の中に残っていた。
   そっちの方がほとりの葉っぱも綺麗だし巻もいいので
   それも収穫。


収穫して

     どうよ?美味しそうでしょう?

   綺麗な色。
   本などに載っているような綺麗なチコリ。
   見るからに美味しそう!
   でも、残念!!
   葉っぱを取っても取っても苦い!
   以前作ったタンポポの原種のようなチコリ程ではないけど、
   やっぱ苦い!
   これは暫らく新聞に包んでしまっておきます。
   苦みも収まるでしょう。




2011/12/23(金) 16:19:10 野菜 トラックバック:0 コメント:0

珍しい野菜の種を購入しました

種いろいろ

     変わった野菜?お洒落な野菜?

   春に撒く種を購入しました。
   外国産の種で黄色いトマト以外は種子消毒してないんです。
   珍しいでしょ?
   種に消毒していないと書いてあるのを見て珍しさと安全性で
   すご~く嬉しくなりました。
   コールラビとポロネギとフェンネルは今年植えましたが、
   その外は植えたことがありません。
   と云っても、日本にあるトマトやニンジン、なばな、ピーマンと
   同じもので、外国産というだけで作り方は一緒。
   問題は気候だと思う。
   湿度が高いのでむれたりしないように、
   又、適期に植えることかな?
   特に変わった野菜はカルドン・ゴッボ(右端上)
   セロリのように生でも食べられるし、バーニャカウダにぴったり!
   だそうです。
   今日その珍しい野菜の話をしたら、
   「森脇さんが作ったら変わった野菜で、神田さんが作ったらお洒落な野菜だね。」
   って言われました。
   「どういう意味?」
   どっちにしても来年は今まで作ったことのない野菜作りにチャレンジ!
   皆さんに是非食べてもらいたい。
   楽しみにしていて下さいね。

2011/12/23(金) 03:34:14 農業 トラックバック:0 コメント:0

皆さん 気を付けてね

     危なく 死ぬところ

   先週、初雪が降り本格的に冬が来たよう。
   車はノーマルタイヤだったので冬用タイヤに。
   雪が降ったら出掛けなければいいんだけど、自分だけ使うんじゃないので
   日曜日によっちゃんに換えてもらった。
   そこまでは良かった。
   月曜日はてみちゃんはコンニャク作り。
   息子がその車で出かける予定だったので、友達の車でお出掛け。
   息子は体調が悪くて運良く出掛けなかった。
   虫の知らせか?
   月曜日は車は使用しなかった。
   火曜日、豆の木の忘年会。
   しばらく車で走っていたらハンドルが“変”。
   止まってタイヤを見たら“大変!”
   ねじが緩んでる。あと少しで取れそう!!
   少し走っては車を止めて手でねじを締め、又走っては締め。
   なんとか友達の家まで行って器具を借りねじを締めた。
   締めても締めてもいくらでも締まる。
   おかしいなぁ?と思いながらそれに乗って農園まで。
   忘年会には豆の木の人に連れて行ってもらった。
   帰ってもう一度タイヤを外してねじを締めて車屋さんに直行!が、
   出来ませんでした。
   途中、変な音がし始めて何度も車を止めてタイヤの様子を見る。
   もう、心臓はドキドキ。
   「このまま乗っていたら大変な事になるかも?」
   何とか家まで帰り着き車屋さんに電話。
   電話の先で「もう、乗ってきたらダメ!」と、ピシャリ一言。
   取りに来てもらって、車に乗せてもらって車の病院に。
   直ぐに見てもらったようで原因解明。
   「タイヤのホイールがちがってたよー!!」
   「よっちゃん てみちゃんを殺す気か?」
   よっつちゃん曰く、「今までずっーとこのタイヤを使ってる。」
   「何年も使っていて何事もなかっつた!」と、自分の非を認めない。
   「このイチガイ者が!!」
   車屋さんがそう言ってるんだから。
   と云う事で、命拾いをしました。 2011/12/21(水) 15:18:01 未分類 トラックバック:0 コメント:0

豆の木忘年会 ガレットにて

豆の木忘年会

     ビールのない忘年会

   豊平のガレットで忘年会。
   お茶で乾杯なんて初めて。
   豆の木のメンバーは殆んどアルコールを飲みません。
   ビールはいくら飲んでも腹いっぱいになることはないのに
   お茶のおかわりは結構水気で腹いっぱい。
   すごーく美味しい料理ばかり。
   これはまだ全部ではありません。
   牛肉のワイン煮込み、白菜と鶏肉のスープ、ひよこ豆の煮もの
   デザートにショウガのパウンドケーキ、リンゴ、アイスクリーム
   コーヒー 以上。
   すごいでしょ!!
   

クスクスのサラダ

     手づくりのウインナー
     ひよこ豆入りクスクスのサラダ
     オリーブとベーコンののったチーズ味のスコーン(?)


ガレット

     ガレット 
     野菜サラダ
     揚げたさつまいも


サーモンとチーズ

     サーモンのマリネ
     チーズ
     フランスパンと柿のジャム
     ガレットのつける2種類のペースト(何か忘れた)


キノコとコロッケ
 
     食べかけたコロッケ
     エノキとシメジの炒め物

     
    ご馳走様でした。
    よっちゃんゴメンネ。
    美味しく頂きました。合掌

2011/12/20(火) 21:24:59 料理 トラックバック:0 コメント:0

こんにゃく作り

こんにゃく作り

     鍋いっぱいのこんにゃく

   毎年恒例のこんにゃく作り。
   今年で4回目。
   今年はいつもの倍の量のこんにゃく芋。
   鍋に全部入らないので2回に分けて湯掻いた。
   1回目は何も入っていない物とゆず入りの物。
   これだけで鍋いっぱいになった。
   量が多いだけあって沸騰するまで時間のかかること。
   イラのてみちゃんにはそれが長いこと。
   普通は沸騰して1時間は湯掻くのに40分ぐらいで
   「もう、いいことにしよう!」と、提案したけど皆から「ダメ!」
   一人で作るときは、絶対止めてるだろうなぁ。


赤と緑

     赤と緑

   赤はとうがらし。
   緑は青のり。
   とうがらしは韓国唐辛子。見た目ほど辛くはありません。
   きんぴら等に使えば美味しいです。
   青のりはさしみこんにゃくに。
   


焼き芋

     〆は焼き芋で

   こんにゃくを作った後の楽しみは焼き芋を作ること。
   残りの火が強かったのでくどの上に網をのせて作った。
   ホクホクの美味しい焼き芋。
   本当に幸せな時間でした。


2011/12/20(火) 20:46:20 料理 トラックバック:0 コメント:0

あたりは真っ白

大霜

     大霜

   昨日は雪が木や草に積もって白くなっていたが、
   今日は霜で真っ白。
   今日の方が気温が下がって寒い。
   畑の野菜は霜を被って真っ白。
   でも、寒さのお蔭で野菜は甘みを増して美味しくなる。
   こんな寒い朝はムギ踏みをしないといけないんだけど
   寒いので家から出れません。


バーク

     バークをいただきに

   こんなに寒いのによっちゃんは1人でバークをいただきに。
   いつもはてみちゃんも一緒に行くんだけど
   木曜日からあばら骨をひねったか?どうなったのか?
   物が持てないし、大きな口をあけて笑うこともできないし、
   横になると起きる時に横にならないと起きられない状態。
   だから役に立ちません。
   寒いから暖かくなって行けばいいのに、一人で作業をするので
   時間がかかるからと、霜が解けないうちに出掛けて行きました。
   このバークはチップを作る会社のチップには使えない部分。
   何年も積んであるので土になっています。

田んぼに

     バークを田んぼに

   軽トラックに積んで帰ったバークを田んぼに撒きました。
   来年から田んぼを畑にするために土づくりをしないと。
   今年はこの田んぼは畑にする為に、除草剤は一切撒きませんでした。
   勿論、化学肥料はここ何十年使ったことがありません。
   田んぼだから土が出来ていないのでこれから何年かかるかなぁ?
   まぁ、頑張るしかないか?


牛堆肥

     牛堆肥もいただきに

   バークを取りに行く近くに牛堆肥もあるんです。
   ビニールに入れて持って帰るんですが一度に沢山は持って帰れません。
   この春は何度も通いました。
   このたい肥はもみ殻が入っていたり、鋸くそが入っていたり。
   これも田んぼに入れます。


牛堆肥 2

     程よい腐り具合

   屋根もないので、雨が降れば肥料分が流れてしまうけど
   あまり強くなくって良い位。
   臭いも殆どありません。


2011/12/18(日) 21:22:12 農業 トラックバック:0 コメント:0

折角の苦労も水の泡

かびた干し柿

     カビがびっしり

   夜も寝ないで昼寝して一生懸命にかわむきした干し柿に
   カビが発生。
   干し柿を作る前からよっちゃんに
   「どうせカビが生えるんだから止めたら?」と言われていた。
   「今度は大丈夫。朝夕の霧はビニールをかけて濡れないようにするから。」
   と、ビニールを被せたりしたのに。
   やっぱりだめでした。よっちゃんの言うとおり。
   こんなにカビがはえたらねぇ。
   もう、来年からは作りません。
   

すべてダメ

     こんなに沢山あるのに
 
   あ~~~~~あ。
   残念!
   くやし~~~~い!
   もったいない!
   なんて云っても、全部廃棄処分。
2011/12/13(火) 22:29:55 未分類 トラックバック:0 コメント:2
次のページ