ファームもりわき 目指せ百姓農家

すずめの涙

畑
いんげんはちっとも喜んでいません
毎日、毎日、雨雲が空に出ているのに畑の上には
ちっともかかりません。
家のある場所には降っているのに。
天気予報では雨が降ると出ているので
畑に種を蒔いて水は撒くものの、雨を期待して
少ししか撒かなかったら散々。
今日も朝から曇り気味。
今までのことがあるので、たっぷりと水を撒いたら
雨がポタポタ。
「よーし、きたぞー。」と喜んでいたら、
あっという間に終了。
いんげんの畝を見たら株もとはちっともぬれていません。
本当にすずめの涙でした。

すずめの涙
焼け石に水
畑には少々の雨では土の中に滲み込みません。
ちょっと鍬で掘り返すと乾いた土が出てきます。
種まきにはもう少したくさんの雨がほしい~~~~。

古道具屋さんの鍬
たくさんの鍬
豆の木の会員で、今回畑をくんちゃんから借りた「なかむらくん」。
まだ、農具というものを持っていません。
移植ゴテで用を済ましているみたい。
それでは作業は進みません。
そこで豆の木のおばさん二人がお節介。
古道具屋さん回りをして平鍬とマタ鍬とスコップ。
たちまち、これで足りるでしょう。
沢山の鍬があるのですが、思うような物が無くって・・・。


帯に短したすきに長し
帯に短したすきに長し
古道具屋さんにある物はなかなか、これと言うものが無くて。
柄が短かったり、角度が鋭角すぎたり、
本当によく使ったんでしょう、先が丸くなっていたり
それでもその中から二本、選びました。
合計1000円なり。
野菜が出来るようになって、お金が入ってくるようになったら
自分の気に入った鍬を買ってね。
それまでは我慢、我慢。
2011/08/19(金) 15:57:48 自然 トラックバック:0 コメント:0

心臓 バクバク

一番きらいな・・。
言葉に出して言うのもいやな・・。
一度しか書きません。
あとは・・で表します。
それはへび。
字を見るだけで、いや~な気持ちになります。
今日はその・・に出会いました。
それも、立て続けに二匹。
一匹はしま・・。
もう一匹は毒・・「まむし」。
よっちゃんに見つけたら必ず殺すように言われているんですが
草刈機を背負っているときは何とか出来るんです。
でも、それもチップソーの時。
ひもの時はひもに巻きついて自分の所に飛んできそうなので
早々に草刈り終了。
今日手に持っていたのは、クワです。
田んぼの水を見に草ぼうぼうのあぜを歩いていた時
一匹目が出てきて、すぐに逃げてくれました。
ホッとする間もなくすぐにまむし。
広告に出てくるようなすごい模様。
間違いない!!!
後はクワを振り回し?振り下ろし大格闘。
心臓はバクバク。冷や汗もダラダラ。
無我夢中でした。
結果は田んぼの中に入って泥だらけで見えませんでした。
でも精一杯頑張りました。
あ~~~、今夜はいや~な夢見そう。 2011/08/17(水) 17:20:37 動物 トラックバック:0 コメント:0

くんちゃんちの鶏糞頂きました。

きくいも
川原に咲く菊芋
今、満開です。
我が家の畑には、わざわざ球根を買って植えています。
菊芋は大体は雑草で荒れた川原や原野によく咲いています。
この球根が栄養価が高く作りやすいという事で
最近は畑で作られるようになりました。
でも、大きくなってすごく繁殖力があって大変!
この花が咲いている場所は
二年前まで竹がはえていたのですが
綺麗に片付けられいつの間にか菊芋が生えてきたようです。
菊芋の味は好き好き。てんぷらにしたり煮物にしたり。
秋になったら野菜の宅配に入れたいと思っています。
楽しみにしていてね。

くんちゃんの鶏糞を頂きました。
くんちゃんちの鶏糞を頂きました
軽トラックにいっぱい頂きました。
サラサラとしていて、店で売っているような鶏糞の
いやーな臭いもなく、餌もこだわっておられるので
本当に安心できる鶏糞です。
さっそく、畑にいれます。


堆肥
堆肥と運搬機
先日、安くわけてもらった運搬機。
エンジンの調子もよく、よ~く働いてくれます。
冬に仕込んだ堆肥も出来上がり
今までは一輪車で何度も何度も運んでいたのが
一回で六回分位、それ以上の働きをしてくれます。
これで少し楽ができます。

鶏糞よっちゃんと運搬機
今はよっちゃんしか運搬機を使えませんが
いずれは操作の仕方を教えてもらって
よっちゃんが仕事に行っている間にも使えるようになりたいなぁ。

運搬機に乗せた鶏糞
いよいよ鶏糞撒きだぁ
いつもは鶏糞を撒くのは臭いからあまり好きじゃないけど
本当に臭くないんです。
こんなの初めて。
よほど長い間、鶏舎で熟成された乾燥された鶏糞でしょうね。
くんちゃん ありがとう。
これからもよろしくね。

畑に入れた肥料
こんなに肥料を入れました
堆肥の中には落ち葉、鶏糞、油粕、籾殻、稲わら、米ぬか。
その上、また鶏糞、米ぬか。
ここにはどんな野菜を植えようかな?
2011/08/16(火) 17:04:43 農業 トラックバック:0 コメント:2

大収穫

山葡萄の収穫
山葡萄の収穫
色づいた山葡萄を房ごと摘み取り。
結構、いい色になっていたのでいつまでもこのままにしておくと
カラスに先を越されるので急いで採る事にしました。
何にしようかな?と色々と考えながら・・・・・。

摘み取り
収穫
全部でこれだけ。
初めての収穫にしては結構あるかも?
薬剤処理はしていないし虫も付いていたわりにはまあまあかな?

収穫
けんかのもと
1キロの収穫があった。葡萄を摘み取るときは何にしようか?と
よっちゃんと二人で仲良く作業をしながら話し合っていたのに。
家に帰ってからが大変。
結局これをどうするかで険悪なムードに。
ジュースか葡萄の酒か。
日本国民としては法律を順守してジュースにすべきで
密造酒なんてもってのほか。
山葡萄のワインは決して作りません。
でも悪い心と良い心が今、ぶつかり合っています。
しばらく、ざるのなかで待っていてください。

決めました。
山葡萄のジャムにします。
これで解決。ばんざ~~~~~い!!!!

みょうが
秋みょうが
この春、山に植えていたみょうがを畑に下ろしました。
山のみょうがは鹿に葉っぱを食べられて全然食べることは出来ませんが
畑のみょうがは花がつき始めました。
春に植えたら、秋9月から10月頃に収穫出来る筈なのに
少し早いんです。
もう少し畑に籾殻をまいておかないと
太陽にあたりすぎて土から出た所は緑の濃いみょうがになってしまいます。

キュウカンバー
鈴なりのキュウカンバー
外国のキュウリで日本のものとは全然違います。
そのままではマヨネーズをつけてもドレッシングをつけても
ちっとも美味しくありません。
これはピクルスにばっちり。
歯触りといい、形といい、これしかない!!!!
これをつまみにビールはピッタリ。

2011/08/15(月) 14:57:54 植物 トラックバック:0 コメント:0

コリアンダーの種取り

かかし
墓参りの帰り
橋の上から釣り糸をたらして、何ヶ月?
まだ魚は釣れませんか?
雪が降っても、雨が降っても、カンカンの日が照っても
毎日、そこで二人寄り添って仲良く魚を釣っているのですか?
気になってしょうがありません。
今日は墓参りの帰り、少し時間をもらって
車を降りて、写真を撮らせていただきました。
本物のような素敵なかかしを作った人に拍手。
あなたの遊び心に感心しました。

コリアンダー
コリアンダー
少しだけ刈り取って干しておいたコリアンダーを
叩いて実をとりました。
若い葉の時は、これほど臭い物はないと思うぐらいの
匂いなのに、種になると本当にいい香り。
これはシチューやカレーに粒のまま入れます。

コリアンダー2
コリアンダー
ごみがいっぱいでて何処に種があるのか分からないでしょ?
これを風の通る場所で高いところから落とすと
ごみが遠くに飛び、コリアンダーは下に落ち
選別してくれます。

出来上がり
出来上がり
風で選別してもらい綺麗になったコリアンダー。
まだ完璧ではありません。
他の種も叩いて採って、一緒にして一度“とうみ”にかけてみたいです。
種が小さすぎてどうなるか分かりませんが・・・・。
種として畑に植えてもいいし、料理に使ってもいいし
布の袋に入れて香りを楽しんでもいいですよ。

2011/08/14(日) 17:50:49 農業 トラックバック:0 コメント:0

ニワトリの餌になりました

むし
ゴマむしが茶色に
朝からゴマむし取り。
一晩たったら緑が茶色に変化(?)と思ったら、
これはゴマむしではありませんでした。
でもこの虫もゴマの葉っぱを食べるのは同じなので捕獲。

ゴマムシいっぱい
ゴマむした~くさん
よっちゃんに捕ってもらいました。
ウジョウジョいるでしょ?
まだ見過ごしているかも?
又、明日もゴマの畑に行かなくっちゃ。

ニワトリに
にわとりの朝ごはん
大喜びかな(?)と期待していたけど
最初はおっかなびっくり。
飛びつくほどの食欲はわかなかったようでした。

にわとりに
徐々に
ようやく味が判ってきたのか、食べれるものと認識したのか
よっちゃんの所に集まりはじめた。
でも、あまりにも大きいので一口では食べられません。

大きくてなかなか
四苦八苦
我が家のニワトリのボス“ぴーちゃん”でも一口では食べれません。
他のニワトリから離れた所にくわえて行き
何度も地面にたたきつけて、まず殺す。
それからゆっくりと食べていきました。
明日、またゴマむしを与えたら
今日よりもっと喜ぶかな?
ゴマむしの正しい名前はスズメガです。 2011/08/13(土) 16:37:57 動物 トラックバック:0 コメント:0

ゴマむし現る

ゴマむし
ゴマむし
ゴマの花が終わり、その後に種が付き始めた。
そろそろ出てくるかな?と思っていたら、いました。
まだ、葉っぱの食べようが少ないようで
今のところ4cm位の大きさ。
小さいうちに取っておかないとあっという間に
葉っぱがなくなってしまう。
そして、大きさも10cm位の大きさになり
ゴマの枝から離そうとすると
顔をキュッと人間のほうに向け、抵抗をする格好をする。
怖いので火箸の小さいので捕まえる。
その後は、ニワトリが待っているので
餌にしてあげる。
食べ応えがあるだろうなぁ。

ゴマむしとアブラムシ
ゴマむしとカメムシ対決になるか?
じーっと見ていたら、まだカメムシはモンスターに
気が付いていないみたい。
下に向かって降りていっている。
ゴマむしも葉っぱを食べるのに一生懸命。
やっぱり、カメムシの方がスタコラと逃げていくのかな?
見届けたいのだが結果は知らないほうが
楽しいかな?
2011/08/12(金) 17:04:28 動物 トラックバック:0 コメント:0

雨が恋しい

雨がほしい
本日も晴天なり
何処かで聞いたようなフレーズだけど本当にあめが欲しい!!!!!
畑はカラカラ。
ちょっと鍬で耕そうものなら土ぼこりがモコモコ。
毎日水遣りに3時間はかかります。
だから大切なものだけと思ってみずをやると
他の野菜が水が足りなくて硬くなったり、曲がったり。
自然相手の農業は人間の思うようにはなりません。
なるがままなすがまま。
後は、「神のみぞ知る。」ですね。
この雲がもう少し家の上まで来ると雨がザアザア。
と思ってカメラで撮影したら、なんと不思議なことに
パラパラって雨が降ってきました。
なんか作ったような話だけど、すーごく喜ばせて頂きました。
あっと言う間に止んでしまいましたけど。
何の足しにもまりません。
草も喜ばないくらいの雨量。
自宅と畑の場所が違うので、自宅で降っているから畑も
と、おもっつたら大間違い。
200メートル違っただけでも雨雲がかかっていなかったら
雨が降りません。
畑にも雨が降っていますように。合掌。  2011/08/10(水) 15:42:37 自然 トラックバック:0 コメント:0

楽しい収穫

やまぶどう
やまぶどう
去年初めて実がなったが、それも数えるほど。
蔓も今年の半分ぐらいの広がり方だった。
1本で実るやまぶどうということで通販で買った。
蔓がドンドン延びて畑が全部やまぶどうで占領されそう。
実のなり方は少ないと思う。
でも、出来た分だけ。
まずジャムにするかな?
ジュースで頂くかな?
やまぶどうのワインは無理だからなぁ!
いずれは大量のやまぶどうの行く末を考えとかないと。
これを捕らぬタヌキのなんとかかな?

サルナシ
サルナシ
こんなにプックリしているけど
毎日暑い日が続いて水が足りなくなると
だんだんとこの実がひすぼっていく。
《すみません。方言がでました。
 ひすぼるとは水分が足りなくてシワシワになっていくこと。》
本当はミニキウイと云う事で苗を買ったのだが
皆が「これはサルナシだよ。」って言うので
「うんにゃ、ミニキウイって売っていたんだから。」とは
頑固に主張しないことにした。
熟すと木に生ったまま、もいで食べることが出来る。
甘酸っぱくて美味しいですよ。
でも想像しただけで唾液がダラダラ。

もも
もも
植えて何年にもなるのにモモのような果樹は
農薬をやらないと出来ないと思っていたので
今まで本気でモモを収穫しようとは思っていなかった。
木も小さいし、いつもアブラムシがついているし
花が咲いて、実が付いた頃に虫が付いて落ちていく。
だからこの2個のモモは頑張りやのももです。
よっちゃんに食べさせてあげよう!
もっとガンバレるかも?
「何をもっとがんばれっていうの?」って言うだろうなぁ?

プルーン
この前の台風で折れたプルーン
気が付かなかったけど、折れたえだにプルーンのみがなっていた。
枝の途中に虫が入って弱っていたのだろう。
折れた所から切ってやろうと思い見たら、実がなっている。
これは大変!このままにして置かないと。
この木は植えて4年。
初めての実が付きました。
収穫
大収穫
ブルーベリー、ブラックベリー、アジウリ、モモ、すもも。
ブルーベリーは持って帰って直ぐに冷凍
ブラックベリーはジャムにして冷凍
アジウリは明日豆の木の野菜の宅配の日。
よ~~~く冷やして皆に食べさせてあげよう!
スモモは考えただけで唾液が出てくるけど
てみちゃんが食べます。
2011/08/09(火) 19:09:22 植物 トラックバック:0 コメント:0

キャベツをポット植えに

キャベツの植え替え
ポット用の土づくり
7月下旬に種を蒔いたキャベツ類が大きくなったので
畑の土に薫炭と冬の間に作った落ち葉堆肥を混ぜて
ポット用の土をつくった。
たちまち350個のポットを用意。
全部に土を入れて、植え替え準備完了。

植え替え完了
植え替え完了
6種類の種を蒔いたのだが名前の札を書いていなかったので
赤キャベツと赤芽キャベツの区別がつかない。
キャベツと芽キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー
コールラビーの区別がつかない。
まあ、列ごとに植え替えれば混ざることはないし
混ざってもそれ以外の変わった野菜は出来ないだろうから、OK。
植え替えたポットは寒冷紗を下に敷きその上に置く。

虫に食べられない為に
虫に食べられない為に
寒冷紗で全体を覆って今日のところはお終い。
先日、チョウチョが異常に生まれて飛んでいたので
これがキャベツの苗に卵を産んでは大変!
それとコオロギやバッタが苗を食べないように予防です。
明日になったらトンネルにして苗が真っ直ぐ伸びるように
してあげますから。
窮屈なのは今夜だけ。
おやすみなさい。
2011/08/08(月) 20:41:04 農業 トラックバック:0 コメント:0
前のページ 次のページ